北海道札幌市の霊園「ばらと霊園」

  二十一世紀最初の宗教的美術建築「総本殿」
 弘照院「総本殿」は千年二千年と遥かなる時間を超えて、御仏の供養をする永代管理のばらと霊園が建立した、二十一世紀最初の宗教的美術建築です。耐用年数二百年の総本殿は、北海道の厳しい風土の中で唯一朽ちることなく、悠久の歴史を刻む宗教的建造物であり、比類のない新しい建築作品としての風格をたたえて、石狩のこの地に誕生しました。 美麗かつ荘厳な建物を設計された建築家・宮部光幸先生(札幌市音楽堂キタラ設計者)が設計に要した時間は約三年。永代管理の寺院にふさわしい美しく堅牢な建物を創造するために、自ら全国百余の寺院を拝観考査するなど、総本殿に賭ける情熱が見事結晶した造りになっています。

未来永劫、後世へと継承する現代建築の粋
 建築に約三年を要した「総本殿」は、石とステンレス、神代木との調和のとれた、現代建築の粋を極めた建物でございます。美観を損なわずに後世まで守り続けていくことを最優先し、外壁全体に張り巡らした総赤御影石は、南アフリカ喜望峰奥の石切場にしか存在しない希少な原石、約千トンを切り出し輸送して参りました。研磨する内に、それは独特の異彩を放ち始め、その情緒ある色合いは、訪れる方々に厳かで落ち着いた印象を与えています。また剥きだしの接合部はすべてステンレスのボルトで締め、歳月を重ねても腐食しない構造を採用。「総本殿」はこうした細部の至るところに、永代にわたる時の流れを十分に計算に入れた設計を施しています。
 
 
 
本殿前ホール 
平安朝の模様と仏教様式を象ったステンドグラスの扉を開けると本殿内陣へと向かいます。仏像は特別謹製で七体を安置しております。本殿前に立つ高さ三メートルもの峻厳な仁王像は、通常三ミリ厚の青銅のところ、八ミリ厚もの厚さを持する特注製。鋳型もただ現世一点物と、唯一無二の像でございます。
 
本殿内陣
 本殿正面の前金屏風は、永劫の時空間を吹き交う「宇宙の風」を創造する文様が施されております。この高さ四メートル、長さ十八メートルの金屏風奥には、大日如来像、薬師如来像、釈迦像の御本尊三佛を安置。三佛とも中国の山奥深くから切り出した、千年の時を経ても薫り立つ希少な「香木」の謹製一刀彫りです。屏風を開け放つと、ほんのりと深遠な薫りが漂い、染み入るように訪れる方々の心を癒します。その御本尊三佛の左右に座して、不動明王像、弘法大師像を安置致しました。この本殿御堂では約千人規模の葬儀や法要が可能。生の読経が響き渡る音響効果と、葬儀・法要の進行に伴って変化する照明効果により、御仏を敬う厳かな行事を滞りなく執り行います。
 
 
法要之間(ほうようのま)・展皇之間(てんおうのま)
法要を執り行う「法要之間」、そしてかつて時の天皇が御言を侍従に書き取らせた室に由来する「展皇之間」は、日本建築の粋を極めた造り。柱、梁、桟などには、推定五千年から一億年もの間、海底地中に生きたまま埋もれていた神代木を使いました。 石狩湾の海底、約八キロメートルの砂礫層に埋もれていた神代木との運命的な出会い。沈黙を守りながら、想像を超越する時代を生き続けてきた石狩の神代木が、この石狩の総本殿に納まることは、まさに永劫回帰の運命を感じないわけにはいきません。
 
北東庭園   北西上空より望む   御廟入口

札幌でお墓、墓地、墓石、御廟をお探しなら、ばらと霊園にお問い合わせください。


総宗山弘照院 ばらと霊園

 石狩市生振587-1 TEL.(0133)64-1987 FAX.(0133)64-3281