北海道札幌市の永代供養墓「御廟(ごびょう)」は、「ばらと霊園」

永代供養墓「御廟」の環境
「御廟」は、北海道の大自然の中で静かに眠り、土に還るという理想を実現するため のお墓です。ロケーションは北海道の札幌。四季折々の美しい風景で知られる自然の恵み豊かな土地です。ここが魂のやすらぎの地となります。

寿綾「じゅりょう」
当霊園の三割以上の方が生前建立(寿綾)です。

 本殿から三十三間の廊下を進むと、内苑(中庭)が見えて参ります。ここには寺院と一体になった「合祀久遠墓」を建立。悟りの世界を表現する曼陀羅の八葉蓮華を図案化し、寺院のどこからでも視界に入るように配慮致しました。春秋彼岸とお盆には合同法要を行うほか、故人の祥月命日には永代にわたり御堂で読経をあげる、まさに真の「永代供養墓」でございます。寺院外に後になって供養碑を造るのではなく、はじめから建物内苑に建立することで、誰からも合掌される「永代供養墓」は、唯一これからの時代に求められる供養の在り方であり、それこそが宗教的美術建築の真骨頂でありましょう。これも宗旨・宗派を問わずに永代管理を行う「ばらと霊園」ならではの思想でございます。

 



札幌でお墓、墓地、墓石、御廟をお探しなら、ばらと霊園にお問い合わせください。